2008年10月29日

タイムくんに乗りたい

haniwa.jpg

こんばんは。左の写真は、我が家におります、はにわたち。
マニアでもコレクターでもありませんが、原始美術が好きです。
宮崎県から、骨董屋さんから。なんだかんだと集まってきました。

小金井には、古墳時代の集落のあとはないようですが、縄文時代の遺跡はたくさん出ているそうです。

scan060316-3_t.jpg
市から出ている冊子、『小金井市の歴史散歩』を開いてみると・・

「小金井に人が住みはじめたのは、今から3万年も以上も前の後期旧石器時代の初めにさかのぼり、“はけ”や野川周辺の関東ローム層中から当時の生活跡や石器類が多数発見されている。」

「中町の野川中州北遺跡からは、当時の氷河期の寒冷気候を示すトウヒ・カラマツ等の針葉樹を中心とした植物化石が多数出土している。」

そう!

こちらの遺跡はキャンドルロード、スタート地点のすぐ近く。
iseki.jpg

夜の神秘的な雰囲気の中には、そんな昔の風がふっとまざるのかもしれません。

そんな気持ちで歩いていると、
現代の今日は、こんな動物を発見!

risu.jpg

いたち? いや、りす、ですかね。
ロード帰り路付近です。
今まで気付かなかったのは、最近、公園の草刈りがあって、草むらの中から登場したから・・なのかな。

何度歩いても、新しい発見のある素敵なところです。

11月8日は、3万年前から、今日、50年後まで、想いを馳せて、キャンドルロードを歩いてみよう。





posted by 実行委員会 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22027856

この記事へのトラックバック