2008年11月12日

キャンドルロードの写真たち

 こんばんは、"ばけ"です(^^)/
 夢のように、黄金井・11万人キャンドルナイトを終えることができました。
 約2万5千人という、私たちの予想をはるかに超える多くの方に野川まで足を運んでいただいて感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 が、まだまだ実行委員会は活動中です。
 昨日の、つるまき編集長の記事にある作業の他にも、何といってもお世話になった方々へのお礼まわり。続いて、支払等の会計処理。そして、小金井市の市制施行50周年の補助事業であり、また、東京都とのオリンピックムーブメント共同推進事業ですので、その書類づくり等々、やることがいっぱいです。
 そうそう、当日は深夜まで片付けをしていたので、実行委員会の打ち上げができていません(笑)

 でも、当日のご来場いただいたみなさんから、たくさんの元気をいただきましたので、なんとかがんばっています(^_-)☆

 さて、お待ちかねの当日の写真をちょっとご披露しますね!
 せっかくの写真なのでファイルサイズが大きいですのでご注意ください。

color5.JPGRoad to 野川
出発地点である調節池のところです。

color1.JPGご家族で来ていただいたのでしょうか?
 並んだ背中と見守る目に優しさがにじんでいて、いい感じです。
 みなさまにとって、いい思い出となったらうれしいのですが。

color4.JPGどじょうの背骨
ちょっと広くなったところです。
夕闇が少しずつ濃くなって、キャンドルが浮かび上がってきます。

color3.JPGやまべ橋
当日のいちばん人気でしょうか?
たくさんの方が写真を撮ってくれていました。
工夫に工夫を重ねた甲斐がありました!

ビューポイントでは、河童のいたずらも大人気!
前日の雨で水かさが増えた中、胴長を着て準備してくれたS山親衛隊長&永須さん、ご苦労さまでした。

 まだまだ写真はありますので、ホームページでご紹介したいと思っています。お楽しみにどうぞ(^^)/
 実は、私たち実行委員も当日はそれぞれの持ち場にはりついていて見れていないので、すごく楽しみだったりします。

 そんなこんなで、このホームページは11月中は続いていき、写真紹介等の新ページも作ってまいりますので、引き続きお立ち寄りください(^^)/



 
 
 
posted by 実行委員会 at 19:20| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
Posted by おじさんB at 2008年11月17日 10:54
はじめまして
いきなりの質問で恐縮ですが、、、
10月1日の「50年前の小金井市」の中で使用されている「子ども達の誇らしげな旗行列」などの小金井市提供の写真がありますが
私の様な一般市民でも、小金井市の何処かでこのような写真を見せていただく事は出来るのでしょうか?
またコピー等はさせていただけるのでしょうか?
使用目的は母親に見せるだけです。
お忙しい所、お手数ですが教えていただければ幸いです。
Posted by おじさんB at 2008年11月17日 10:58
 ”おじさん”様、コメントありがとうございました。

 あの写真は、実行委員会として、市の広報秘書課から企画政策課経由で提供していただいたものです。
 広報秘書課では、膨大な写真をCD-ROMで持っているそうですが、その中から企画政策課が市制施行50周年記念ホームページを作るために選別したものを見せてもらって掲載しました。
 ですので、写真本体は膨大な数のCD-ROMの中にあるようなので、印刷されたものとして見るのは難しいかもしれません。
 広報秘書課にご相談されたらよろしいかと思います。

 ただ、これだけだと申し訳ないので、ちょっと調べてみました。
 まず、刊行されたもので現在手に入るものとして、生涯学習課で有償頒布中の『写真で見るわたしたちのまち小金井』があります。p.131ぐらいからが市制施行前後となっています。

 それから、11月1日から来年3月20日まで緑町の文化財センターで「小金井市50年のあゆみ写真展」を行っているそうです。
 私はまだ見に行けていませんが、きっといい写真があると思います。

 お答えになっていないかもしれませんが、取り急ぎお返事まで。よろしくお願いします。
Posted by "ばけ" at 2008年11月17日 16:19
ばけ様

ご丁寧なご返答ありがとうございます。

そうですか、膨大な量の写真があるんですか、それもデータ化されてるんですか、
将来、年度別とかで小金井市のホームページで公開してもらえると有り難いですね。

駄目そうですが広報秘書課に聞いてみます。

昭和30年代の写真が載っている、水澤静男様 撮影の「あの頃 その頃の小金井写真集」も懐かしく見させていただきました。
『写真で見るわたしたちのまち小金井』は知りませんでした、確認してみます。

実は「子ども達の誇らしげな旗行列」の写真に かずおちゃんと手を繋いでいる小学1年生の私が写っているのです。
83歳の母親に見せたら「この半ズボンは私が作った記憶がある」と喜んでました。
当時、第一小学校から役場まで行って、市長さん(多分)のお話を聞いて旗を振った記憶がおぼろげにあります。

「このホームページは11月中は続いていき」と表記され、12月は無くなっちゃうと思い
もし、前後の写真があれば懐かしい顔が見つかるかもしれないと言う単純な発想でコメントしてしまいました。
お手数をおかけし、恐縮です。
有難うございました。
Posted by おじさんB at 2008年11月17日 18:51
【小金井市文化財センター】
緑町にあります☆
緑小学校の裏手浴恩館公園にあります!
入館料は【無料】
詳しい事は、市役所まで問い合わせ下さい☆



注意点:重要文化財の宝物ばかりです☆☆☆
お車での入館出来ませんし、住宅街なのでご近所のご迷惑にならないよう、ご配慮を熱望致します。



敬具
中林澄明
Posted by 中林澄明 at 2008年11月18日 19:47
 "おじさん"様、コメントありがとうございます。
 まさかお写真に写っているご本人からコメントをいただけるとは! うれしいです。

 あの写真は、市役所が持っている画像ファイルそのままです。特にサイズ等を修正していません。
 ですので、10/1の記事の写真を印刷しても、市役所が持っているものと変わらないと思います。

 なお、市役所から提供されたこの写真は、「19.20」というフォルダに入っており、ファイル名は00741.jpgです。
 「19.20」は、きっと保管用のCD-ROMの番号等だと思われます。手がかりになればよいのですが。

 ただ、もしかしたら、子ども達の旗行列が写っているいる写真はあれ1枚かもしれないと思っています。
 市役所から提供された写真は、50周年記念のコーナーをつくる際に使えそうな写真をピックアップしたものだと聞いています。
 子どもたちが写っている写真ならば素材としては申し分ないはずと思われますが、提供された写真の中には、他に旗行列のものはありませんでした。

−−−
 
 市制施行当時のお写真に出ている方と、インターネット越しにでもお話できて感激でした。
 市制施行当時のこととかをうかがえたら、うれしいです。
Posted by "ばけ" at 2008年11月19日 20:51
中林澄明 様

「小金井市文化財センター」、「浴恩館公園」両方とも知りませんので地図で見てみたら解りました。
昔は「青少年センター」?とか言っていた所のようです。

20年いや25年位前の記憶です、市営のテニスコートがあって何回か通った事があります。
当時は車で通ってました、駐車場はないのですが施設内に駐車は可能でした。

今は、車では行けないんですか、、、今度の休日にでも自転車で女房と行ってみようと思います。
(役所系は休日が休館の所があるみたいなので、確認してから行きます)

ありがとうございました。
Posted by おじさんB at 2008年11月20日 23:30
ばけ 様

詳細のコメントありがとうございます。

50年前は小学1年生なので記憶はほとんどありません、当時の写真を見るとほんのりと思い出す程度です。
近所で昔の形体に近いのは小金井神社ぐらいです。それでも最近の小金井神社のお祭りは寂しいかぎりです。

昔の事を言っても仕様がありませんが、境内いっぱいに夜店が出たんです、
さらに社殿の裏までぐるっと一周並んでたんです、にぎやかでした。

昔は良かったなどと決して言いませんが、これだけは良かったかなと思ってます。

現実は今日の事、明日の事で手一杯です、過去の記憶を探る時間はありません。
でも将来、過去の記憶を呼び戻したくなる時が来るかも知れません、
その為に今は過去の写真をチョットだけなら探してても良いかなと思っています。

50年前の10月1日の私に会わせていただき、心から感謝いたします。
ありがとうございました。
Posted by おじさんB at 2008年11月20日 23:33
【小金井市文化財センター】☆

昔は、(僕の子供の頃)青少年センターと呼んでいましたよ!よく遊んでました☆



大人になって、たまに来園すると静けさと緑がいい所です(主観的で申し訳ないです)



館内に入ると、黄金井の今昔、郷土が展示☆



百聞は、一見にしかずです☆



追伸:休日に愛する人々と行くなんて、素晴らしいじゃないですか!



このブログを読んでいる!
皆様のご健康とご多幸がありますように心からお祈り申し上げます!



敬具
中林澄明



Posted by 中林澄明 at 2008年11月21日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22789358

この記事へのトラックバック