2008年11月07日

それぞれの『背負い水』

かえるです。
深夜3時。
現場が終了し、やっと小金井に帰りつきました。
ところどころ雨が降ったり止んだりして、アスファルトがモワッと熱を吐き出しています。。。。。。。。。。。。。


うわっ(゜o゜;)すみません。爆睡から目覚めたら今でしたm(__)m

さてさて。いよいよ本番まで秒読み段階になりました!
毎日何かしら連絡を取り合って、仕事の後に「おなか空いた〜」とか言いながら
こつこつ準備を進めてきた仲間達がいます。
このブログも、読んでいると書いた本人の声が頭に聞こえてくるようになってきたところですが、
終わってしまうのは寂しいですね。。。

いえ。考え直しましょう!
キャンドルナイトははじめの一歩!
ここからが各々本当の始まりですね。
実行委員、当日お手伝いくださる方々、来場される市民の方、電車に乗って市外からいらっしゃる方。
そして会場には来れないけど、ライトダウンを協力してくださる方々。。。
キャンドルロードを歩いて、はたまたライトを消して、その時それぞれの心には何が映るのでしょうか。
どんな色の燈が灯るのでしょうか。。。?


今、小金井は変わりはじめています。
その変化は、これからの50年、きっと市民や自然、未来の子供達に優しい変化であると信じたいです。

だから、興味を持って、何事も身近に感じて暮らしていこう。
自分の『背負い水』を大切に大切に使いながら。。。

人間は生まれた時から死ぬ時まで、一生分の使える水の量が決まっていて、それを使い切った時に死んで土に還っていくそうです。
使った水は大地に還り、水蒸気になって空に昇り、雨になってまた私たちの元に戻ってくる。
だから水を汚したり、無駄にしてはいけない。
それは水に限ったことではないという言い伝えだそうです。

すべては廻っている。
今私たちがしている事は、どんな形になって廻ってくるのでしょうか。
K.jpg
50年後。。。犬と一緒に杖でもついてゆっくりゆっくり歩きながら、今とぜんぜん変わらない野川で、キャンドルロード入り口にあるあの大きな桑の木に登って真っ赤なドドメの実をほおばっている子供たちを眺めることができるでしょうか。。。
50年前にここでキャンドル並べたのお〜〜〜とか言いながら。
posted by 実行委員会 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月06日

協賛の木

はじめまして(^^/ 勘定方そーぎ屋です。

曜日担当とは関係なく実行委員から書きこみしております。

私は今回の実行委員会では何故か?財務を担当しておりまして、多数のご協賛・ご協力に対し一言お礼くらい言わねばとも思いカキコさせていただきます。

さて今回の市制50周年記念イベントに対し、たくさんのご協賛やご協力を企業・団体・個人の皆様から頂いております。

このようなご協賛に対し実行委員会では、
11月5日(水)の朝刊に、こちらの「協賛の木」のチラシを折り込み、紹介させて頂きました!
kyousannoki.jpg

それ以外にも、
●ホームページ上での「協賛の木」でのご紹介

●武蔵小金井駅南口 東小金井駅南口 
 両駅前での花場の設置

という協賛者掲載を行っております。
特に今回は『花場』についてお話させていただきます。

通常『花場』というとお祭りや盆踊りのようなイベントで、開催直前に設置して当日前後の掲載にとどまるものですが、今回は9月初めには設置したので最長で約2ヶ月間というロングランとなっております。
また今回のようなイベント形態や雰囲気ですと『花場』というアイデアはありえないのかも知れませんが、そこは商工会が母体となっていることと実行委員長の『ツルの一声』で設置が決定しました。しかしこれが市内でのアピールに欠かせないものとなっており、おかげさまで多くのご協賛を頂く原動力となっております。

hanaba_musako.jpg
武蔵小金井南口は駅から商店街を連雀通り方面へと向かい、一つ目の信号右角あたりに巨大なパネルが掲げてあります。

hanaba_higako.jpg
東小金井南口は駅から商店街を南に向かい5差路左角のとちの木公園フェンス際に掲げてあります。
東小金井ではここにきて掲載しきれなくなり急遽パネルを追加することとなりました。


各企業、各種団体、個人の方々まで多くの皆様にご厚志を頂き感謝感激でございます。
あらためてご協賛頂きました皆さんには厚く御礼申し上がます。m(  )m

皆様も駅周辺にお越しの際は是非ご覧下さい。(^^)/

※なお協賛についてはチラシ掲載には間に合いませんが、ホームページ・花場掲載は直前・開催後まで可能です。皆様のご更なる協力をお待ちしております。(^^)v
posted by 実行委員会 at 02:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月05日

本当にたくさんのスタッフが参加しています!

 こんばんは! "ばけ"です。
 わたしはもう2週間近く、風邪に苦しんでいます。長引く風邪が流行っているようなので、みなさんもお気を付けください。

 11月に入って、いよいよ本番間近!!
 こんな看板がまちかどに立っているのをご覧になった方はいらっしゃらないでしょうか?

??.JPG立て看板
(前原坂上交差点付近)


 




 キャンドルロード会場までのルートを案内する立て看板です。
 もうおなじみとなったポスターの絵を中心に、地図と注意事項等を配したものとなっています。
 実行委員会の自信作です。ぜひぜひ明るい内に見に行ってやってください(^^)/個人的にはポスター以上に欲しいグッズです(笑)

 この立て看板をはじめ、実行委員会ではいろいろなモノを作ってきました。
 もちろん、吉田健一さんのポスターイラスト、そして、進藤さんがホームページに関連して作成した地図や各種の部品、これらがあってのものです。
 けれど、それらを組み合わせて、ポスターやチラシ等にまとめあげていったのは、鶴巻編集長を中心に、実行委員会メンバーの力なんです。
 
 キャンドルロードにしても、みんなでアイデアを出し、名前をつけ、並べ方を考え、そして、他にはない野川を生かした配置になってきたと思っています。
 みんな本当にすごいなあといつも感心しています(^^)/

 と、実行委員会を持ち上げておいてなんですが、黄金井・11万人のキャンドルナイトはもっともっと多くの人に支えられています。
 実行委員は40名ぐらいですが、当日のスタッフは250人以上にもなるのです!(警備員さんを除いて!!)

 これまでに行われた他のキャンドルナイトに比べても、黄金井・11万人のキャンドルナイトのルートは長いコースになります。しかも、季節は秋。火を使うものですから、よりいっそう警備・防火が必要なんです。
 もちろん実行委員会だけではできない。本当に必要なスタッフは集められるのだろうか。8月頃まではそんな焦りがありました。

 けれど、ポスターができ、ホームページが開かれ、次第に「手伝ってもいいよ」という声をいただけるようになったのです。
 それもいくつかは、こちらからお願いするよりもっと前にお声をかけてくださいました。

 主催する商工会・市役所はもちろん、中核となって青年会議所・農協青壮年部が支えてくださっています。
 さらに中央商店街、日興証券、シルバー人材センター、ダスキン、大和ハウス、昭和信用金庫、交通安全協会、東小金井南口商店街、多摩信用金庫、そして、前原町会、黄金井倶楽部(小金井市少年軟式野球連盟加盟団体の皆さん)にスカウト協議会の方々。。。
 多くの方々の支えによって、当日を迎えることができることに本当に感謝です。小金井ってやっぱり素晴らしいなあと思えてきます。

 最後に、黄金井・11万人のキャンドルナイトグッズ情報を1つ。
 当日会場と駅前テント等でのみ、まだ配布していないとっておきのチラシを配ります(^^)/ 参加された方だけのお楽しみ。
 小金井には、まだまだいっぱいいいところがあるのです。
 
posted by 実行委員会 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

空きビンたちの旅

こんばんは。つるまきです。

『永遠のモータウン』という映画を何年か前に観て、とても感動しました。
マービン・ゲイ、スティービー・ワンダー、シュープリームスなど、黄金期のモータウンのバックバンド、当時は影に隠れていた彼らにスポットを当てた映画。

“黄金井11万人のキャンドルナイト”にも、そんな、名前は出てこないけれど、支えてくれている人たちがたくさんいます。

今日は、その中のひとり、神農商店さんを紹介します。

当日、野川のキャンドルロードには、約4000個のキャンドルが並び、
その内の半分は、空きビンをホルダーに使います。

bin.jpg

何度か現地で色んなホルダーを試してみて、
丈夫で、風が吹いても消えにくくて、きれいで、とこれはよいね!とみなでうなずいた、ジャムビン。

当日使う、何千という空きビンは、どこから来ているか、というと、

神農商店さんから。

081104_1533~0001.jpg

そして、さらに、神農商店さんのこのビンたちは、どこから来ているか、というと、
小金井市のみなさんから出たものなのです。

そう、月に2度来る空きビン回収の行き先が、この神農商店さんなのです。

そして、今回は、このキャンドルナイトに向けて、チームホルダーリーダーがお願いに伺ったところ、快く回収したビンを一時貸し出ししてくれることになりました。
しかもロウソクが入るサイズのビンを集めて洗って、コンテナにまとめて、1500個以上も!

リーダーからこの話しを聞いて、私ははっとしました。
神農商店さん、小金井公園へ行く道すがら、いつも通る度に、きれいに整頓されているなあ、と中を覗いていたとこでした。
かばんの中から、手帳の中まで、整理整頓上手が永遠の目標のひとつである私には、とっても憧れの存在。
そんなお店が協力してくださると聞いて、とても嬉しくなりました。

当日は、みなさんのお家やお店から集まったそんなビンたちをはじめ、実行委員みんなで回収したペットボトルをシルバーの方たちがきれいに丁寧に加工してくれたもの、ポスターの絵が貼られたホルダーに、ひとつひとつ、ろうそくを浮かべます。

そして、野川で夜を過ごしたビンたちを、実行委員できれいに洗って、神農商店さんにお返しします。
その後、そのビンたちは、どんな形に生まれ変わるのでしょう。


今夜は、汗と涙と笑いの最後の全体ミーティングでした。
あと4日!

帰り道、見上げると星空がとてもきれいな、ちょっと太めの三日月。
半月になる日が本番です。









posted by 実行委員会 at 03:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月03日

あと5日!

こんにちは!いとーです。

ちゃんと月曜日に更新をし始めたと思ったら、
もう終わりです。。そんなもんです。生活の日々は。

決起会も終わり、スタッフみんなも気分がだいぶ
盛り上がってきました。準備も大詰め!

この間も、寒い夜空の下、4時間もみんなで会場で
あれやこれやの打ち合わせ。
あまりの寒さにもうこの辺でいいんじゃないか。。
という空気が流れそうなものを、みんな必死で準備と
打ち合わせをしています。

私は11時を超えると眠くなってしまうので、つい
ぼーっとしてしまいがちですが、そこはみんながいる
ので、大丈夫exclamation×2
むしろ、今まで忙しいなか準備をしてこれたのは
みんなとやってきたからなんだぁ〜と実感。

こういうイベントにスタッフとして参加するのは初めて
だけど、楽しくやってこれたのも、周りのみんなのおかげ
本当に感謝したいと思います。

あ、これ読んだ人でイベントスタッフやりたいなーって
思った人、いるでしょ??
ぜひ、本番を見にきてもらってさらに羨ましくなっちゃって
ください。笑

でも、そういう人が増えてくれることが、小金井がもっと
もっと楽しく素敵な街になるってことだからね。
本番、そう思ってもらえるようにもう一息!

「こどもたちが元気な街が発展するんです。」
宮崎駿さんもそうキャッチコピーをつけてくれました。
まさにその通りだと思います。

さぁ、こどもたちに見せつけてやりましょうパンチ
大人になったら、こんなイベントできるんだ、
こんなことできるんだ、こんな人になりたいんだ!
まだまだまだまだまだ小金井でやれることはありますよ!
そのひとつとして、ぜひ、本番を見て下さい。



きっと、感動しますよ!





最後に、おまけ左斜め下

今日のこんにゃく大臣語録

夜の野川には走っている自転車や人がたくさんいます。
打ち合わせをしているときに、邪魔にならないように、
みんな「自転車来まーす。」と声かけをするんですが、
そこでこんにゃく大臣一言

こんにゃく大臣「ランナー来まーす!」

みんな「。。。。。。。」

   「ランナーって。。」





走る〜走る〜おれ〜たーち♪





おしまい。
posted by 実行委員会 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月02日

あと6日!

こんばんは。
本番までに、ついに最後の更新となりました。
西田です。


本日は朝からスニーカーをゴシゴシ。


AfB_X.jpg

当日履く予定のスニーカーです♪


足元からすっきりした気分で、
当日は悔いを残さないように頑張ります。


さて。

キャンドルナイトでどれだけ汚れるだろうか(笑)。
(来週をお楽しみに♪)



本番前に。
武蔵小金井駅からお越しのお客様へ。


当日は南口改札で降りて下さいね。


wD.jpg

北口からも行けないことはありませんが。
南口をお勧めします。


南口を出ると・・・


}bNO.jpg

このような風景が見えます。


マックの通りに交番がありますので、
交番で右に曲がって下さい。


XXO.jpg

すると商店街が見えます。


XX.jpg

商店街をずっと下っていきます。


WiTO.jpg

すると。
このように大きな交差点が見えます。


O{O.jpg

まだ下っていきます。


kO.jpg

そして。
城北信用金庫さんで左に曲がって下さい。


このあたりになりますと、スタッフもいると思いますので、
道がわからない方は聞いてくださいませ。


皆様のお越しを心よりお待ちしております。



(ちなみに。
 東小金井駅、新小金井駅からお越しのお客様、すいません。。。><)



ふぅ。
あと6日です!

緊張しますが、楽しみです(-u-)。


あとは。
当日が晴れること晴れ
万全の体調で臨むこと。


がんばります手(グー)
(当日は帰り道近辺で出没予定です-u-)


無事に11月8日が終わりますように☆
posted by 実行委員会 at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月31日

夜中のひとり言

こんばんは。かえるです。
やっと帰宅しました。
またまた日にちをまたいでしまいました。。。

今日は野川公園で、[枝にポップコーンが引っかかっているような木]を見つけました。
なんだ〜〜〜?と思って近づくと。。。“十月ざくら”という桜でした!
真っ白な小ぶりの八重の花が、ポップコーンみたいに見えたんです(w)
P2.JPG
P1.JPG
P3.JPG
まるでそこだけ春が来たみたいに、パア〜っと明るくて、お散歩の人達もふわふわ歩いているように見えました。
私は朝から仕事でミスをして、珍しく落ち込んでいたのですが、お蔭でちょっと元気になりました。

そうでした。
私は短気だし、そそっかしいし、忘れっぽくて、時々ホトホト自分が嫌になってしまうんですが。。。
元気だけが取り得なのです。それを思い出させてくれました。
元気は伝染して、元気の周りも元気になる。
だからせめて、いつも元気でいたいと思います!

自然はいつも私たちに色々なことを気づかせてくれますね。
まるでスナフキンのようだなあ。。。

久しぶりにムーミン谷の小説を引っ張り出しました。
ヤンソンの「ノーマネー、ノーカー、ノーボクシング」の精神と、神と自然と自由と愛と成長の物語は、その小さな世界にいろいろな気づきのヒントが隠れていて、私のバイブル的な本です。

私の好きなお話をひとつご紹介します。

『昔、スナフキンのママのおばさんがいました。
おばさんはお金持ちで、子供もなく、働く必要もなく、ちょっと退屈だけど、そのかわり美しい物を収集することに精を出して優雅に暮らしていました。

ある日カツレツの骨を飲み込んで、具合が悪くなり死を実感すると、若いころにいろんな夢があったのにどれも実現していないことに気づいて愕然となりました。
すると、自分の周りの美しい物たちが価値のない物に見えてきます。。。
そして突然、自分の持っているものを全部人にあげちゃうことを思いつきました。
友人や親戚一人一人にふさわしいものを考えて、勝手に送りつけることにします(スナフキンが唯一大事にしているハーモニカもそのひとつ)。
所有物が無くなっていくと、なぜだか気持ちも軽くなり、だんだん楽しくなって来ました。
夢だったいろいろなことを考えて暮らすようになると、おばさんの顔はとても優しい顔になりました。

するとみんなもおばさんが好きになり、ベッドの周りにはいっぱい人が集まり、毎日楽しい話をしてくれるようになりました。
ある時あまりにも楽しいので、笑った拍子に骨が飛び出し、すっかり治ってしまいました。

おばさんは夢だった、友達と大パーティーを開き、孤児院を建て、噴火した火山に登り、しまいにアマゾン探検に出かけます。

そしてそれっきり、誰もおばさんの行方を知りません。 』

夜中にまたまたひとり言。。。。すみません。

posted by 実行委員会 at 00:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月29日

結婚式のキャンドルを灯して

 こんばんは! "ばけ"です(^^)/
 今週は取材した記事をと先週書いたのですが、風邪をひいてしまい週末は寝込んでいました。今も風邪気味です。。。

 発熱と寒気・ダルさが主で、鼻水・のどの痛み・せきなどに見舞われました。
 治りにくいようなので、みなさまもご注意ください!

 知人から、ライトダウン・キャンドルナイトの写真を寄せていただきました。
 写真募集のコーナーのFLASHムービーでも使われた写真ですが、

IMGP0850.JPG"ばけ"知人応募ライトダウン・キャンドルナイト写真
お2人の新婚旅行の写真です。





 これは、残念ながら小金井ではないそうなのですが、お2人がバリに新婚旅行に行った時の写真なのだそうです。
 顔は見えませんけれど、暗い中にもお2人の気持ちが、そして、特別な夜であるということが伝わってくるような写真で、いいなあと思えてきます。
 改めてオメデトウございました(*^^*)/

 そういえば、結婚式のキャンドルって、ちゃんと取ってありますか?
 あれって、結婚記念日には灯すものですよね? 私もすっかり忘れてしまっていますけれど、、、、

 ぜひ11月8日(土)の18時から20時には、電気を消して、あの思い出の結婚式の大きなキャンドルを灯して、お2人で語らってください。
 子どもがいらっしゃるなら、お2人の結婚式等のお話を聞かせてあげてたら、きっと思い出に残る夜になるように思います。
 
 椿山荘での結婚式に使ったキャンドルを再利用して、市内の作業所のみなさんが、うれしいことに「私たちは黄金井・11万人のキャンドルナイトを応援します」というようなメッセージ入りでキャンドルを作ってくれているようです。
 そんな「幸せのキャンドル」を灯せば、きっと灯した私たちの気持ちも幸せになるようだろうなと楽しみにしています。

 せっかくのキャンドルナイト。
 想い想いのキャンドルを灯して、そんなとっておきの写真をわたしたち実行委員に見せていただけたら嬉しいです。

写真募集のページへはこちらから!!


 

posted by 実行委員会 at 18:55| Comment(14) | TrackBack(24) | 日記

タイムくんに乗りたい

haniwa.jpg

こんばんは。左の写真は、我が家におります、はにわたち。
マニアでもコレクターでもありませんが、原始美術が好きです。
宮崎県から、骨董屋さんから。なんだかんだと集まってきました。

小金井には、古墳時代の集落のあとはないようですが、縄文時代の遺跡はたくさん出ているそうです。

scan060316-3_t.jpg
市から出ている冊子、『小金井市の歴史散歩』を開いてみると・・

「小金井に人が住みはじめたのは、今から3万年も以上も前の後期旧石器時代の初めにさかのぼり、“はけ”や野川周辺の関東ローム層中から当時の生活跡や石器類が多数発見されている。」

「中町の野川中州北遺跡からは、当時の氷河期の寒冷気候を示すトウヒ・カラマツ等の針葉樹を中心とした植物化石が多数出土している。」

そう!

こちらの遺跡はキャンドルロード、スタート地点のすぐ近く。
iseki.jpg

夜の神秘的な雰囲気の中には、そんな昔の風がふっとまざるのかもしれません。

そんな気持ちで歩いていると、
現代の今日は、こんな動物を発見!

risu.jpg

いたち? いや、りす、ですかね。
ロード帰り路付近です。
今まで気付かなかったのは、最近、公園の草刈りがあって、草むらの中から登場したから・・なのかな。

何度歩いても、新しい発見のある素敵なところです。

11月8日は、3万年前から、今日、50年後まで、想いを馳せて、キャンドルロードを歩いてみよう。





posted by 実行委員会 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月27日

こんにゃく大臣登場!

こんにちは、最近はちゃ〜んと月曜日に更新している
いとーちゃんです。

さぁさぁ、キャンドルナイト本番まで、日にちが近付いて
来ています。それと同時に、会議や作業など、
あちらこちらで、連日開催。

私は、キャンドルロードのための作業や話し合いに参加。
みんな仕事の後に集まってからのミーティングになるので、
話し合いが白熱してしまうと夜遅くなってしまうことも
しばしばふらふら

ある一定の時間を過ぎると、だんだんみんなおかしくなって
しまう。特に私。あせあせ(飛び散る汗)
ついつい、ちょっとおかしいこと言いたくなるんですよねぇ〜。
それでも、いつもみんなは私のたわごとに嫌な顔ひとつしないで
付き合ってくれます。

そこで、今夜の標的はこちら…

DSC_0012.jpg

↑「こんにゃく大臣」(右)と名づけてしまいました。

前にも、ちょこっとお話しましたが、このこんにゃく
キャンドルを消すのに使うのですが、それを考案したのが、
こちらの「ひら」さんです。

ひらさんはこんにゃくの話になるとあつ〜〜〜くなりますどんっ(衝撃)

当日、こんにゃくを誰が用意するかっということで、
一応、調理師の私が「そりゃーやりますよ!」と言ったら

「待ったぁぁあああ!」ちっ(怒った顔)の声が。



ひら「こんにゃくは鮮度が命!!それを他の人にまかしちゃ
                 らんねぇぇええ〜むかっ(怒り)



アツい。アツすぎるぜひらさん。。。
っということで、ひらさんにお任せすることに。

もぉーそーなったら「こんにゃく大臣」と名付けるしかないですよね?
ちなみに、ひらさんは「片付け大臣」というすごい役職も
もっています。

ひらさんいっつも場を和ましてくれるんですよねぇ〜。
さすが、大臣!

さ、次は誰を何大臣にしちゃおっかなぁ〜。


P1030427a.jpg
候補はいっぱいいます。(笑)


本番が近いってことは、みんなと作業する日も残りわずか。
なんかさみしいなぁ〜。


posted by 実行委員会 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月26日

笑顔。

おはようございます。
今回は朝より書き込みします、西田です。



昨日。
ずっと見たくて撮っておいた中田英寿選手の特番を見たのですが。

子供の笑顔って本当に素敵ですよね。


その番組はヒデが色んな国々を回って色んな人たちと触れ合うという内容だったのですが、
どこの国でも子供の笑顔は変わらないのだと思いました。


貧困、格差社会、文化の違い、社会情勢の違いがあっても、
子供の笑顔は変わらないのだと。


一つのボールを夢中になって追う姿。
そして、その間はどんな生活をしている子供だって笑顔。

これはすごいことですよね。


一つのボールで生まれる可能性。


大切なもの。
守りたいもの。
後世に残すべきもの。


関係ないようで、実はキャンドルナイトにも通じる気がします。


当日、
子供たちが野川に点されているキャンドルの灯りを見て、
何を感じるか。


たくさんの笑顔を見れたらこの上なしですね。


(さ。がんばろう!)




・・・と。
今日はまじめな雰囲気になりましたが。


ヒデが現役時代に一度だけプレーしている姿を見たことがあります。
(国立で。)


今思えば、
とても貴重な体験だったなぁ・・・。


話がサッカーになってしまいました(笑)。



そうそう。
当日は暗い中になりますので、
お子様は保護者の方と必ず来てくださいね!!!

ではでは。
posted by 実行委員会 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月23日

ひと

こんにちは。かえるです。

先日、あるお店に行きました。
そこにあるのは知っていて、いってみたいな〜と思っていたけど、なかなかチャンスがなかったお店です。
小さなライブハウス(?)とでも言うのでしょうか。。。ご近所のおじさまがやっています。

店内は木の温もりがいっぱいの心地よい空間で、ピアノや譜面台、マイクスタンドやスネア(?)が並んでいて、
たまたま来ていたアーティストさん達がピアノとギターでスタンダードなジャズナンバーをやってくれました。
だんだんセッションがはじまって、おじさまもスネアをたたいたり、そのうち歌も歌ってくれました。
まさかそのご近所のおじさまがこんなに味のあるヴォーカルを聞かせてくれるとは。。。!
今まで顔が会えばご挨拶する程度しか知らなかったんですが。。。
本当に、人は係わってみないとわかんないものだなあ。。。と、
それから、思い切ってお店に行って見て良かったなあ〜と、つくづく思いました。

実行委員の人達との係わりもそうですね。
だって考えてみたら、実行委員の人達はもちろん、それ以外にも、小金井にはいろんな専門家がいっぱいいます。

コーヒーを入れる人、おむすびを握る人、家を建てる人、相談にのってくれる人、阿波踊りを踊る人、お菓子を作る人、企画のプロ、おくり人、パソコンのプロ、政治をする人、計算のプロ、薬のプロ、紙をすく人、絵を描く人、歌を歌う人、字を書く人、能を舞う人、育てる人、運転のプロ、介護のプロ、お掃除する人、事務のプロ、紙飛行機を飛ばす人、音楽を作る人、お酒のプロ、洗濯のプロ、ラーメンを作る人、パンを焼く人、病気を治す人、太鼓をたたく人、野菜を作る人、そばを打つ人、手紙を届ける人、荷物を運ぶ人、小説を書く人、豆腐を作る人、こんにゃくを作る人、笑顔をくれる人、癒しをくれる人、。。。

キリがないけど(w)
本当にいろんな仕事があるし、趣味でがんばってる人も含めて、すべての人がみんな何かの専門家ですね。
それって当たり前のことだけど、実はとっても凄いことじゃないですか?!
専門家の話は面白い。時々本当に感激します。

もし、[平日はあんまり小金井にいないし、小金井の商店で買い物とかしたことないな〜]とか、
[ご近所の人とあまり係わったことないな〜]っていう人がいたら、もうちょっと地元をキョロキョロしてみてください!
そして、おやっ?って思ったら、思い切って話しかけてみてくださいね!
隣のおじいさんやお向かいのおばさん、商店街のおじさん達は、じつはとっても凄い人かもしれませんよ!


11月8日
野川であなたが誰かに出会えますように!

posted by 実行委員会 at 14:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月22日

キャンドルを作るのだ

こんばんは。つるまきです。

明日は、東小金井北口の本屋さん、大洋堂さんの横で、青空キャンドル作り教室を開きます。
先生は、キャンドル創作家のかさいちはるさん。
天然素材のロウで、色をつけて、型に流して。

こちらは8月行われた、武蔵小金井南口の“子ども祭り”で、こどもさん100名参加のキャンドル作り体験の打ち合わせの様子。
candle2.jpg

candle1.jpg


初めての体験に、大人たちわくわくでした。
型紙を作ったり、ろうそくの色合いを決めたり、どれも性格出てましたよねー。
みんなが四角錐の型紙を作ってるところを、ひとり星形に作ったり、はみ出したり。


こちらは先生の作品。
さすがきれい。
DSC01265.jpg

こんなのも作れるみたい!
DSC01115.jpg
(写真 かさいちはる ブログ “キャンドルと灯りの小部屋”より)



明日は秋晴れの予報。
青空の下、創作意欲もわきそうです!

キャンドル作りの材料も、みつろう、廃油、パームオイル、使い終わったろうそくを集めて再利用したりといろいろ出来るそう。

“黄金井11万人のキャンドルナイト”では、パームオイル100%のオーガニックティーライトを使います。

当日、野川のキャンドルロードを歩いた後は、ぜひお家でのんびりキャンドルを灯して。
こんなワークショップや、ご自宅で、マイキャンドルを作ってみるのもおすすめです晴れ
posted by 実行委員会 at 01:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月20日

火の色

こんにちは!やっと月曜日にちゃんと更新のいとーです。

この前、カラーセラピーをやっている方に少しお話を
伺う機会があったんです。

色にはそれぞれ意味合いがあるらしく、人にも作用していく。
したがって、色とうまく付き合っていくといいと。

そこで、私はよくオレンジがテーマカラーだと言われるん
ですが、そのオレンジについて聞いてみると、

「オレンジ」=火を表す色

なんだそう。

人間の遺伝子には火に集まるということが組み込まれて
いて、オレンジはその色を表すので、人が集まって欲しいところ
例えば、イベントや商店の入口にはオレンジがあるといいと
言われました。


ほほぉ〜。

DSC_0002.jpg


キャンドルナイトではオレンジ色ではなく本物の火が
灯されます。そこではどんな会話がうまれるのでしょうか?
いつもの電球の下と何が違うのでしょうか?
人間の遺伝子レベルで何が変わるのか?

当日、とても楽しみです。

ロードに来られない方も、ぜひお家で火を灯して見てください。



余談:ちなみに「黄色」は学ぶという色らしく、勉強をしたり
   するときに黄色の文房具を使うとか見えるとこに黄色を
   置くと集中力が増し、勉強がはかどるらしいですよ!
posted by 実行委員会 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月19日

お手紙。

こんばんは。
日曜日担当の西田です。

先週書いたと思いましたら、あっという間にまた日曜日で、
「一週間って早いなぁ」
なんて思っていたのですが。

昨日、ひらさんが言っていたように、
このブログに私が投稿するのも残りわずかなのですね。
(しみじみ)


今日は小金井公園でお祭りがありました。

tino.jpg

火曜日担当のつるさんのお店も出店していたのですが、
その店先にこのハガキがさりげなく置いてありました。

最近、
小金井のいたるところでこの絵のポスターを見かけるようになりましたが、
実はポストカードバージョンもあるのです。

つるさんの淹れた珈琲と一緒に、
このポストカードを持ち帰るお客さんたち。

お客さんたちがキャンドルナイトについて興味津々に聞く姿を見て、
「私もがんばらねば!」
と思ったと同時に、改めて
「キャンドルナイトというイベントが発信されているのだなぁ」
と実感しました。

このポストカードもとても素敵で、
会社で配ったり、ちょこちょこ友人に送ったりしているのですが。

さて。
今日は誰にハガキを書こうか。

ty.jpg

皆様も手にする機会がございましたら、
是非、大切な方へハガキを書いてみてはいかがでしょう。
posted by 実行委員会 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月17日

お疲れ様です!

かえるです。こんばんは。
日にちをまたいでしまいましたが。。。
みなさん、今日も一日、お仕事や地域活動、勉強や育児や家事や介護、お疲れ様でした!

私は仕事の後、キャンドルホルダーのミーティングをして、今さっき自転車をキコキコこいで帰宅です。
この時間はもうすっかり寒いですね。
飲んでもいないのに鼻が真っ赤っかです。

夏と違ってひと気もなく、駅から離れるほどにちょっと寂しい道すがら。。。自転車は少し心細くなります。
そんな時、小金井神社のオレンジ色の灯篭(?)の灯りにちょっとホッとしました。
近頃は防犯効果のためか、街灯もやけに白い蛍光灯や青い光が多いですが、やっぱり、ぽやっと暖かいオレンジ色の灯りは心が和みます。

キャンドルの灯りもおんなじ。。。いえ、それ以上ですね。
灯したひとのぬくもりを感じる灯り。
誰かに見守られている灯り。
人の手間を感じる灯りだからかな?

毎日やることがたくさんあってあたふたしてみたり、思うようにならなくてイライラしてみたり、
あんなこと言わなきゃよかったな〜ってクヨクヨしてみたり、
疲れちゃったな〜ってため息つく事もあります。。。
でも、今日一日頑張ったことは、誰かがちゃんと見ていてくれて、“がんばった貯金”をしてくれます。
それは真実だったかどうか。誠実だったかどうか。。。
神様か、死んだおばあちゃんか、未来の自分自身かわからないけど、ちゃんと見ている。
貯金が貯まったら、きっと周りのひとが笑顔をくれて、
その時 心にぽやっとオレンジ色の灯りが灯るんだと思います。

無駄な事はひとつもない。
だから明日もがんばろうね!
posted by 実行委員会 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月15日

今夜の野川

こんばんは。
今夜は、雨の野川で静かにMTしてきました。

nogawa1014.jpg

レインコートわしゃわしゃで、あやしげな様子ですが、
何をしているかというと、コロコロ測量器で再び距離を確認中。
リーダーのヘッドライトが蛍のよう!





スタート地点の“Road to 野川”から、“コオロギの滑り台”の坂までは
アスファルト舗装の道ではなくて、水の循環に配慮したコンクリートの穴が開いたタイプの道。
「これは前の日雨が降ったら大変ですねえ。」なんてつぶやくと、
リーダーは
「でもそれも野川だから!」と気にせぬ様子。

うん、確かに。
長靴レインコートなので、どこまででも行けるしね。
霧のような雨で、光が拡散して、空が少し明るく感じる野川です。

nogawa1014_2.jpg

どじょうの背骨を歩きながら、「昔はこの辺は雨が降るとぐちゃぐちゃで、
野川も生活用水が流れてたから、泡がぶくぶくしてたんだ」
「こんなきれいな野川、信じられないよ」と。
リーダーの子どもの頃の話しを聞きながら、いろんな野川を想像してみる。

最近は「水がない」という野川の話しばかりを聞くけど、
昔はしょっちゅう洪水を起こしていたんだって。
貫井神社の近くには湧き水プールもあって、
冷たくて長く入れなかったって!

武蔵野公園の辺りは、小金井市で最後の田んぼの風景が残っていた場所なんだそう。
そして、昔のままという姿には遠いかもしれないけど、今、武蔵野公園内には、野川の自然再生計画で田んぼが作られています。
今年出来たお米は、11月15日16日に、学芸大学で開催の“環境博”で食べられるそうですよ!

実行委員で歩いていると、なんとなく今年は水が多いように感じます。
(雨の日が多いからかな)

ここに関わってきた、大切なものを残そうという人の意思が、何十年もかけて、少しづつ形になっているんですね。

自然再生で活動している方の話しや、昔っからのこの辺りの話しをたくさん聞いて、Road to 野川で紹介していけたらよいなと思います。


さて、のんびり一周すると、1時間たっぷりかかりますが、これは見応えあるなあ。

雨の野川もいいけど、“黄金井11万人のキャンドルナイト”当日は実行委員長の晴れ男パワーで晴れます!

11月8日の月は半分位なんだそう。
キャンドルを並べるにはちょうどいい月明かりかもしれません。

いい夜の予感です。

つるまき
posted by 実行委員会 at 06:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月14日

もう一度原点を!

DSC_0025.jpg


こんにちはいとーです。壊れてはいません。(笑)
これが素です。ふらふら

今回のキャンドルナイトには本当に様々なひとたちが
(参加者のみなさんも含めて)様々な職業・年齢の方々
によって作られているイベントです。

ちなみに私は野川の近くでお店をしていますが、いろいろと
日々の悩みも尽きません。

そんなときはいつも、原点に返る作業をします。
「なぜこれをやろうと思ったのか?」
それは、家の中ではなかなかできない作業なんです。

だから、武蔵野公園を散歩しながら考えたり、
仲間たちと飲みながら話したり、
新しい刺激を感じに。

もう一度、キャンドルナイトって何?ってちょっとだけ
思ってみてもおもしろんじゃないかな?

参加するひとり、ひとり、に理由が違うように、
楽しみ方も人それぞれ。

「もう一度シンプルに」

わたしは、この武蔵野公園を見て、今の物件に出会い
ここにお店を出そう!ここでやってこうと決めました。
そんな大好きな公園にキャンドルのロードを見てみたい。

それだけです。

これを思い出すだけで、当日までの忙しいスケジュールも
みんなで頑張っていけそうです。

みなさんも、夜の武蔵野公園と野川でキャンドルに灯された
道をのんびり歩いて、原点を思い出すってのはいかがでしょうか?
posted by 実行委員会 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月13日

道。

Lh@[h.jpg

日曜日担当の西田です。

今夜はちょっと更新が遅れしまい、
どうもすいませんでした。。。
(当方、某夢の国まで行ってきたもので・・・)

 

道。 



「この道は〜 いつか来た道〜♪」

「上を向いて〜 歩こう〜♪」


と、
有名な曲が色々とありますが。

ふと思いました。



野川を歩くのに合う曲って何だろう?



老若男女。
十人十色と。
それぞれに好みがあると思いますが。

私が野川を歩くときに聞きたいのは、


「歩いて帰ろう/斉藤和義」


です。


これを聞いて晴れの日に歩いたら、
どんなに気持ちよいだろうと思います。

(どこまでも歩けそうな気がします。)



さぁ。
あなたと野川の曲を用意して、
散歩にでかけるのはいかがですか??


LhiCg@.jpg



・・・と書いたものの。

野川には自然の音がたくさんあって、
十分すぎるんですけどね(^^;)。
posted by 実行委員会 at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月11日

仲間

こんにちは ひら です。

これから友人の結婚式二次会に駆け付けますが
生憎の雨模様・・でも、100年振りに大地に還った
雨粒達も祝福してくれているような そんな優しい雨です。

さてさて、
いよいよ本番も差し迫り、慌しさが増しつつも
期待と不安と興奮で、いよいよ壊れ気味の私です〜

特に“つる隊長”“いとーさん”大丈夫ですかー? 笑
スタッフ内で飛び交っている写メール かなり笑えます!!
寝不足が祟っているのでは・・ふらふら 
そんな心配をよそに、会うたびパワーアップしてる仲間達です。

実行委員長のI井さんは、優しくもぴりっと締めてくれる兄貴的な存在

でもでも、初対面の女性の前では“借りてきた猫”のように
大人しくなってしまう。。という噂も?!あったりなかったり‥ 笑



黄金井・11万人のキャンドルナイト」 は

そんな沢山の熱い仲間達が創り成す “寄せ鍋” です。
いろんな出汁や灰汁、材料をごった煮にして出来上がった
鍋の味を どうか皆さん食べに来て下さいね♪


あと少し、、頑張って美味しい“寄せ鍋”作りましょう!!



posted by 実行委員会 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記